ワイルドミニ4駆

ワイルドミニ4駆第3弾ニッサン・テラノ

北京2022冬季オリンピック開催中ですね。

まだまだ寒い日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?とは言え、気持ち日が暮れる時間が遅くなり、九州地方は春の兆しが訪れてる気がします。今年は雪降らないでほしいと切に願います。オリンピック絶賛開催中ですが、コロナ禍というのもありますが、スキージャンプの有力選手の疑惑の判定などいまいち盛り上がりに欠けている印象があります。4年に1度のオリンピック年齢を重ねるたび、あっという間に開催されている感覚があります。では今回のミニ四駆は・・・

ワイルドミニ四駆ニッサン・テラノです。RV車三菱パジェロでもなくトヨタランドクルーザーでもなく、ニッサン・テラノですSUVではなくRV車道なき道走破する為のフォルムパッケージよくみたら、93PARIS-DAKARかれこれ30年ほど前の車なんですね。

ステッカー

かっこいいですね実在する企業のロゴや色合い塗装しなくてもピンセット等できれいに貼ってもきれいに仕上がりそうですね。でも今回は残念ながら使用しません。水転写シールなら使いたかったです(;´∀`)

代わりに使用するのがこちら雪の結晶やペンギンがデザインされている水転写デカール、なんかかわいくて即買いして使う機会がなかったので今回ボディーを青色に塗装して使用します。(*’▽’)

仮組み

カッコいいのですがやはりプラスチック感が強くておもちゃ感が漂いますね。さてさて今回はどんな感じになるのでしょうか?今回もシャーシ部分は端折らせてもらいます。シャーシ部分はランチボックスに説明してますので、是非是非見てください_(._.)_↓

30年ぶりの再燃直径52㎜タイヤの大迫力ワイルドミニ四駆ランチボックス

では塗装の下準備していきます(‘ω’)ノ

塗装下準備

先ずはヤスリがけしていきます。番手は1000番でゴシゴシやすります。実はヤスリがけいまいち効果がわかりにくく、ヤスリがけしないで中性洗剤で洗ってサーフェーサーで吹いて塗装してもキレイに仕上がります、だからヤスリがけしたり、しなかったり、てかほぼしません・・・正直なところ自己満足の感が強いです(;´∀`)

やすった粉で白っぽくなりましたね、では中性洗剤で洗っていきます。

スポンジに洗剤つけてよく泡立てたら軽く、まんべんなくキレイに洗いましょう、乾いたら、手油などの油分が取れた感じがします。

塗装

 

キレイに乾いたらいよいよ塗装していきます、下地塗装でサーフェイサーを吹いていきます今回は白のサーフェイサーを使用します

 

サフ萌えという言葉がありますがこれでもかっこいいですね。(*’▽’)

ガンダムマーカーでライト関係塗ったら・・・

 

 

塗りたくない部分にマスキングテープでマスキング・・・うーむマスキングうまくなりたい。

フロント、リアバンパー、フェンダー部(タイヤの泥除けの部分)を青に塗装して・・・

青に塗装した箇所をマスキングして、思い切って黒に塗装します。今回はラップ塗装に挑戦します。過去にラップ塗装の記事もありますので、ランチボックス共々読んでください_(._.)_↓

ラップ塗装

ラップ塗装

ラップを丸めてシルバーでラップに塗料を吹き付けてぽんぽんぽんとボディーを叩いてシルバーの塗料を付けていきますポイントとして明るめの感じに仕上げたいなら気合い入れて全体にまんべんなく。暗い感じに仕上げたいなら少し遠慮めにぽんぽんぽんしてください。ちなみにラップの銘柄はどこのでもOKです

全体にぽんぽんぽんしたら乾かします。私はへたっぴだからこのままだと汚い感じになりますがうまい人がぽんぽんぽんやったらこれだけでも味のある雰囲気になりますね。

ぽんぽんぽんした後青のクリアースプレーを吹きます吹けば吹くほど青みが増すのでお好きな濃さで(*’▽’)

私は缶スプレーで塗装するのですが必ず換気をして石油ストーブは使用せずに塗装してください。吹いたスプレーがストーブの火に触れたら引火爆発の危険があります。換気が悪いと有機溶剤なので中毒を起こす危険もありますので、気を付けて使用してください。何気に色んなスプレー使用してますがとても危険で恐ろしいものだと認識してください

 

 

 

マスキングも剥がしシャーシに組んでみました。手前味噌ですが大分カッコよくなりましたね。

完成

紹介した水転写デカール貼っていきます、見えにくくてどんな感じのデカールかわかりにくいですね。こんな感じのデカールでした

なかなかかわいいデカールでしょ?(*’▽’)ノ青のラップ塗装で冬の寒空が表現できるかな?と思ってラップ塗装したのですが、なかなかどうしていい感じにしあがったとおもいます。もうなんかね走らせて塗装やデカールが剝がれるの嫌なので部屋に飾ります。道なき道を走行するために作られたワイルドミニ四駆を根底から覆す塗装ですな(;´∀`)

タミヤHPです(‘ω’)ノ

https://www.tamiya.com/japan/products/list.html?genre_item=301020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ワイルドミニ4駆

    ワイルドミニ4駆第二弾ニッサン・キングキャブ

    コロナ感染者1日80000人超えコロナが猛威を振るいまくっています…

  2. ワイルドミニ4駆

    30年ぶりの再燃直径52㎜タイヤの大迫力ワイルドミニ四駆ランチボックス

    デカいタイヤと高い車高が魅力的会社でコロナ感染者、濃厚接触者が出始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. モビルスーツ

    MS-06K ザクキャノン
  2. 道具一覧

    仕上げ塗料(Mr.スーパークリア)
  3. ガンプラ一休み

    40記事達成雑記
  4. 未分類

    お久しぶりです
  5. モビルスーツ

    バイアラン・カスタムRX-160S
PAGE TOP